スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SSD換装

SSD買いました。
今のPCについてるのが80GのSSDだったんだけど、残りがだいぶ減ってたので、思い切ってポチリ。
3年くらい前80Gが2万しました。現在は円安で少し値上がりしましたが、240Gで2万切ってます。
このまま円安方向で進めば、もう少し値上がるだろうしね。
まあ、数ヶ月前は15000円前後だったことは忘れてしまおうw
システムディスクだったので、OSの再インストールする方向で考えてたんですが、
インテル Data Migration Softwareってソフトでそのまま複製が出来るということで試してみました。
最初スパニッシュバージョンをダウンロードしてしまって意味不明w
英語ならわかるけど、スペイン語じゃ雰囲気もわからねえw
ってことで日本語版を再ダウンロード。
で、指示通り作業。
PC開けたついでにホコリ等の清掃。

まあ、ソフトウェアでシステムディスクコピーって上手くいかんだろうなあ・・・
って思ってたんだけど、あっさりとPC起動。
いくつかアプリケーションも起動させたけど、なんのトラブルもなし。
一応クリーンインスコしようとWin7のOSも準備してたんだが、拍子抜けしました。
速度測ったけど、前のSSDの速度を測ってなかったんで、比べようがないw
ちなみにウィンドウズエクスペリエンスだと、システムディスクの数字が7.3から7.7へ。
まあ、どっちにしろ早いからええか。

個々数年CPU関連は早くはなってるけど、頭打ち。
頭打ちというか、一定の水準はクリアしてしまってるので、CPU負荷がかかるような作業(動画のエンコとか)しない限り、一番安いセレロンでもi7とそんなかわらん。
俺のPCはAMDフェノムX6で3年くらい前のだけど、必要十分に早い。
このあたりを変えるより、HDDからSSDに換装するほうが、とんでもなく効果あるよね。
OS起動に数分もまってられんw
BTOとかでPC買う最、予算同じならCPUを上のにするよりもSSD追加したほうが、体感速度がハッキリと感じられてお得ですな。
スポンサーサイト

HDDが飛ぶ日





正月そうそうHDDが飛びました。
巡回冗長検査(CRC)エラーでアクセスできなくなり、フォーマットを求められます。
とりあえず金をかけてまで復旧するまでもないが、金かけない範囲でとりあえず復旧を試みたい。
まあ試みるといっても復旧先の正常なHDDが必要。
このPC買ったのは去年の夏、ドスパラで買ったものです。
BTOショップは基本的に安く仕上げる為、パーツとかコストパフォーマンスの良い商品でPC組まれます。
HDDはサムソン製の1.5Tでした。
個人的にHDDは昔からIBM派(途中日立で次ウェスタンデジタルになる予定ですがw)でした。
途中シーゲート製のHDD買って全く不具合もなし。
結論、HDDなんてどこのメーカーでも同じ!そう思ってた時期もありました。
まあこれから2度とサムソン製HDDは買わんと誓いましたが、サムソンHDD事業をシーゲートに売却。
つまりウェスタンデジタル一択となるわけです。
ぶっちゃけサムソン製の信頼度が低いといっても3年後にエラーが出る確率が他社製1%としたらサムソン製2%とかそのくらいのもんだろうだけどw
CドライヴはSSDで無事でしたが、データもプログラムも全て壊れたDドライブにいれてたからねえ。
メール関連データだけはなぜかCに保存してたのでメールだけはすぐに復旧しました。
でウェスタンデジタル製2TのHDDを購入、ついでにメモリーも4G*2を購入。
余ってたHDDをUSBでつないでメールデータのみバックアップ。
んで、Win7を再インストール。
ウィンドウズもインストール楽になったなあ。と思いつつ再インスコ。
再インスコしたおかげでエラーでて放置していたWinSP1もあっさりアップデート。
まあ、使うだけなら普通に使える状態になりました。
これからHDDの復旧作業です。
いろいろなフリーソフトを試してみた。
まあ、なんだ・・・
とりあえずフォーマット求められるような状態のHDDのデータを復活できるようなフリーソフトは日本製ではありませんw
有料のも一部体験版試してみたけど、なんかあかんよねw
でたどりついたのがPhotoRec
使い方はGigazineなどを参照。
DOSコマンドのような画面にちょい戸惑いますが、これだけです。普通に復旧作業開始したの。しかも早い。
(その他のは復旧開始までのスキャン作業が遅すぎる)
まあ、復旧後リネームされるので、なんのファイルかわからなくなりますがw
拡張子毎に復旧作業できるんだけど、マイナーな拡張子が出てこないのは残念ですが。
フリーでここまで出来るのはサイコーです。
で、ある程度復旧させたので、一度フォーマットして普通のソフトで復旧開始します。(拾えなかった拡張子のファイル)
まあ、現在スキャン作業中で、いつ終わるか不明

【地デジ対策】レグザチューナー



レグザチューナーアマゾンで買いました。
日本で税金払わないアマゾンは出来るだけ使わない方向で推めてましたが、
アマゾンが最安なんだもん仕方ない(´ε` )
正直トルネと迷ったんですが、BSチューナーも着いてるし、発売時より10000円くらい値下がってるしね。


届いた翌日に開けてみた第一印象

チッサイw
B5くらいしかない。

dtr1.jpg
PS3の上にとりあえず設置してみました。
設置に関しては異常なくらい簡単でした。
ちなみにうちの部屋につながってた同軸ケーブルはCATVパススルー方式なので、アナデジ共用。
以前のアナログレコーダーから同軸ケーブル外して同軸ケーブルつけるとこ2箇所あるやんけ!
ああそうか、地デジとBSアンテナ挿すとこ別れてるのね。
dtr1_2.jpg
とりあえず地デジのほうに接続。
電源オンしたら普通にセッティング始まって、勝手にTVが映るようになりました。
コンポジットケーブルでつないでるので前のアナログと画質は変わらん・・・
おそらくHDMIでPCケーブルにつないだらメチェメチャキレイなはず。
まあ、せっかくBCもケーブルで見れるので「ケーブル2本付き BS・地デジ対応 アンテナ分波器」なるものをまたアマゾンで買いました。
つでにD端子ケーブルも。

でいろいろネットでレビューとか見てみたけど、そのレビューでも触れているのだが・・・熱い。
置き場所ちょっと工夫したほうがいいなあ。
また暇な時にでもHDDをつないでみよう。
そして朝設置して今まで・・・ほとんでTV見てないことに気づく。。。

さよならLunascape

長い間ブラウザ戦争(懐かしい言葉ではあるがw)in俺で
覇者だったはずのLunascape
でもさすがにお別れしました。
なんせ重い。まあ、立ち上がってしまえば重いってわけじゃないんだけど、立ち上がりが遅い。
家のSSDヘキサマシンならどーってことはないんだが、
職場のセレとかじゃあねw

で基本はFireFoxでいいんだが、
こっそり裏で私用サイト見たりするには軽いブラウザがいい。
で、Google Chrome
しかしこいつは早いんだけど、メモリ食う。
家のメモリ4Gマシンならいいんだけど、職場のマシンじゃちとキツイ。
なら、operaでどうだ。
ってことで職場でこっそりはオペラに決まり。
でもopera TurboはOFF画像汚すぎる(´・ω・`)

Microsoft Safety Scanner

マイクロソフトのオンラインスキャンOne careは実はかなりお気に入り。
オンラインでウィルススキャン(駆除も)とレジストリクリーナ機能等がある。
マイクロソフト製だけに、レジストリ掃除してもWindowsに悪影響を与える可能性は他社製のソフトより少ないだろってことでたまに使ってました。
でサイトにアクセスしてみると・・・・なにこれ?(´・ω・`)
Microsoft Safety Scannerというフリーソフトに変更されてました。
オンラインスキャンはもうしないけど、ダウンロードして10日間だけ使えるウイルスソフトを無償配布しますよーってこと。
何故10日間かっていうのはウィルス定義の更新をしないソフトだから。
常時ウィルス定義更新したソフトをアップしとくからその都度ダウンロードして使ってくれーってこと。
まあ、一番の目的であるレジストリクリーナはさておき、早速ダウンロードしてみる。
ファイルは結構でかく、67MBもある。
ダウンロードしたソフトはインストールせず、そのまま実行出来る。
んで早速スキャン。クイックスキャンだが、特に重くなることもなく終了。
ああ、これ結構ええやん。でもちょっと残念なところはウィンXP以降の機種対応。
前のオンラインスキャンはWin2000でもOKだったからなあ。
と、ここで我に返る。

Microsoft Safety ScannerってMicrosoft Security Essentialsを使ってる人には意味ないんちゃう?

単にMSSはMSEの常時監視と常時更新の機能を無くしただけのものなんじゃね?
わざわざ無償のソフトで新しく作りなおさないよな・・・
時間の無駄だったかorz

でも他のウィルスソフト使ってる人には定期的に使ってみるのはいいかも?
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
twitter
検索フォーム
リンク
リンク2








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。