スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒さ対策

もうほんまに寒い。
特に足折ってから、冷えが応える。
普段ってか今まで使い捨てですらカイロを持たなかったんだけど、今年は買ってみました。

Zippoのハンディウォーマー!



まあ洒落た言い方するとこうですが、ようはハクキン懐炉ですがなw
Zippoって書いてるけど、どこをどうみてもハクキン懐炉製品ですw
おそらくOEM。
Zippo製ってことで付加価値が2,300円ついてるようです。

朝についてたゲージ1杯分オイル入れて、ほぼ20時間くらいもちます。
実際に使い出して1週間くらい経つのですが、普段は微妙。
というか当然触ってれば暖かいのですが、普段はポケットにいれとくくらいしかない。
一番活躍するのは朝、車に乗り込んだ時と、夜ふとんに持ち込んだ時。
冷え切った車内でかじかんだ手を温める。寝る時の布団もこれで暖かいです。
あ、普段はジーパンのケツポケットに入れてるんですが、右ケツだけがポカポカしてますw
上着のポケット類は肌と密着してないから意味ないのよね。
しいて言えばベルトの内側とかに挟むくらいか。
と、書きながら実行してみる。
あ、結構いいな、これ。
今のところZippoオイル入れてるんだけど、コスト的にはハクキンカイロ用のベンジン入れたほうが安いらしい。
で、代用商品がないかといろいろぐぐってみたらいろいろあるっぽいんだけど、匂いや発熱、持ち時間等考慮すると代用商品はイマイチらしいね。
カイロ用ベンジンもその辺に売ってないし、手に入れやすさはZippoオイルサイキョーか。

なんだかんだいいつつ結構気に入ってたりします。
去年の内に買っといたら良かったw
スポンサーサイト

ペルソナ3

今年ってか去年最後に買ったゲーム。
それがペルソナ3です。
個人的に好きなゲームメーカー。
それはアトラス。
まあ、アトラスというよりも女神転生やペルソナシリーズかな。
なんつうか全作ブレない。
しかも一定以上のクオリティ。
まあゲームバランスが良いといは言い難いんだが、面白い。
ゲームバランスもポータブルでリメイクされてる時は治っているのが、良メーカー。
といってもペルソナシリーズは2で終わっていて、PS2のペルソナ3、4には手をつけてませんでした。
PSP版のペルソナ3もPSP版ペルソナ2より早くから発売されてたんですが、スルー。
なぜ買ったかというと廉価版が発売されて安かったのと正月をこれで過ごそうと思ったわけですw
メガテンに比べてペルソナは学園ものってイメージ。
イメージ通りペルソナ3は学園ものでした。
買うまで予備知識ゼロだったのね。
なんつうか普通のペルソナなんだけど、ギャルゲー要素入っとるやんけw
なんか自分の学力とか魅力とか侠気上げていく要素がある。これなんてときめきメモリアル?w
しかもハーレム推奨。
でてくるNPCがそのようなことつぶやくしw
しかも据え置きPS2版では主人公は男だけだったのが、PSP版では主人公男女選べる?
展開が変わるわけか?w
今は当然男主人公でやってるんだけど、凝り性の人は女主人公で2回り目したりするんだろうなあw
多分面白いとは思うけど、そこまでの根気はねえw
ぶっちゃけ長いんで結構楽しめるので、まだ楽しんでますw
ああ、そいやアトラスさん。ペルソナ2の罰編のリメイクがまだですよー!
出たら買いますよー!
よろしくです。

HDDが飛ぶ日





正月そうそうHDDが飛びました。
巡回冗長検査(CRC)エラーでアクセスできなくなり、フォーマットを求められます。
とりあえず金をかけてまで復旧するまでもないが、金かけない範囲でとりあえず復旧を試みたい。
まあ試みるといっても復旧先の正常なHDDが必要。
このPC買ったのは去年の夏、ドスパラで買ったものです。
BTOショップは基本的に安く仕上げる為、パーツとかコストパフォーマンスの良い商品でPC組まれます。
HDDはサムソン製の1.5Tでした。
個人的にHDDは昔からIBM派(途中日立で次ウェスタンデジタルになる予定ですがw)でした。
途中シーゲート製のHDD買って全く不具合もなし。
結論、HDDなんてどこのメーカーでも同じ!そう思ってた時期もありました。
まあこれから2度とサムソン製HDDは買わんと誓いましたが、サムソンHDD事業をシーゲートに売却。
つまりウェスタンデジタル一択となるわけです。
ぶっちゃけサムソン製の信頼度が低いといっても3年後にエラーが出る確率が他社製1%としたらサムソン製2%とかそのくらいのもんだろうだけどw
CドライヴはSSDで無事でしたが、データもプログラムも全て壊れたDドライブにいれてたからねえ。
メール関連データだけはなぜかCに保存してたのでメールだけはすぐに復旧しました。
でウェスタンデジタル製2TのHDDを購入、ついでにメモリーも4G*2を購入。
余ってたHDDをUSBでつないでメールデータのみバックアップ。
んで、Win7を再インストール。
ウィンドウズもインストール楽になったなあ。と思いつつ再インスコ。
再インスコしたおかげでエラーでて放置していたWinSP1もあっさりアップデート。
まあ、使うだけなら普通に使える状態になりました。
これからHDDの復旧作業です。
いろいろなフリーソフトを試してみた。
まあ、なんだ・・・
とりあえずフォーマット求められるような状態のHDDのデータを復活できるようなフリーソフトは日本製ではありませんw
有料のも一部体験版試してみたけど、なんかあかんよねw
でたどりついたのがPhotoRec
使い方はGigazineなどを参照。
DOSコマンドのような画面にちょい戸惑いますが、これだけです。普通に復旧作業開始したの。しかも早い。
(その他のは復旧開始までのスキャン作業が遅すぎる)
まあ、復旧後リネームされるので、なんのファイルかわからなくなりますがw
拡張子毎に復旧作業できるんだけど、マイナーな拡張子が出てこないのは残念ですが。
フリーでここまで出来るのはサイコーです。
で、ある程度復旧させたので、一度フォーマットして普通のソフトで復旧開始します。(拾えなかった拡張子のファイル)
まあ、現在スキャン作業中で、いつ終わるか不明

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
2012年賀状
↑今年の年賀状画像です。クリックでちょっと拡大。


さっそくですが、今年最初に買ったマンガ。
とめはねっ!9巻。
なんでここまで面白い?
河合克敏作品ですが、帯をギュッとね!からすべて初版で購入しています。
俺個人のコミックス所有巻数著者別で1位。(帯ぎゅ30巻モンキーターン30巻、とめはねっ!9巻で69冊)
ちなみにその他の所有巻数で上位の作者は曽田正人氏、島本和彦氏、車田正美氏、江川達也氏、石渡治氏等。
小説なら司馬遼太郎氏や西村寿行氏、夢枕獏氏等もコミックス以上にありますが、発行部数が違うかw

とめはねっ!が面白いのは何故だろう?
ヤングサンデーとかの青年誌に連載されている高校の書道部マンガだぜ?
この設定だけなら絶対に読もうと引き込まれることはないと思うw

河合先生の凄いところは多分取材力とそこからの想像力が凄いんだろう。
デビュー作の帯ギュは柔道経験者という自信の体験を活かせたんだろうけど、2作目のモンキーターンは競艇マンガ。
それも表面的なだけでなく、競艇選手からも支持されるほど内実や選手の気持ち等深く描かれている。
それでいてギャグも忘れない。
以前も書いたことあるかもしれないかもしれんけど、ギャグの方向が読者でなく、キャラから他のキャラへ向けられているライトなギャグ。
このギャグの方向性が絶妙なのよね。
まあギャグは置いておいてこの取材力。
書道漫画書くまでは書道なんて知らなかったはず。
巻末のおまけとかを読んでいくと段々書道に詳しくなっていくのね。
モンキーターンの時もそう。段々深い知識を身につけていく。
それらが全部作品に帰ってきて、面白さがアップ。
この好循環。
そして絵柄も好きです。
バクマン。とか読んでて思ったですが上手い下手以上に独自の絵柄を持つ人は強いということ。
河合先生の絵柄は他に見ないよね。敢えて言えば師匠筋の上條淳士先生くらい?
まあ、同じ系統ですがハードロックとポップスみたいな感じですがw
藤田和日郎先生がツイートしてたんですが、河合先生、下書きとペン入れが全く同じで消しゴムを掛ける必要がないそうです。
そして遅筆w
これだけが欠点。まあ速筆でクオリティ落ちるよりもいいけれど。
本当に面白い。未読の方はぜひ!
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
twitter
検索フォーム
リンク
リンク2








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。