スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯痛鈍痛鎮痛剤

先日からの歯の治療の続きです。
割れた歯の片側を残して、銀色のメタル歯にする前に、根管治療が必要となります。
まあ、この根管治療が痛いんだ。
神経は取り除いてるから、痛みは感じないはずなんだけど、歯の奥にある神経っていろいろと分岐してたりするのね。
その奥が菌とかにやられてたりするから、ほっそい針みたいなのを歯の奥に突っ込んで掃除して消毒。
これが痛い。
消毒ってすでに擦り傷とかの皮膚外部等の創傷治療ではもうしないのが一般的。
つまりマキ◯ンとかで切り傷を消毒するってのは全くもって意味がないっつうか害がある。
重大な病気をもたらすような菌なんてなくて、水洗いで十分。消毒することによって正常な細胞まで殺してしまうっこと。
だから入院して膝の抜釘手術でボルトとか取った時も消毒なんか最低限しかしてない。
今時剃毛とかもしない。メス入れたとこに普通にスネ毛が生えたままだしw

ただし歯科に関してはそのトレンドが正しいのか分からない。
つか歯の根管治療して、その後に薬を突っ込むわけだ。
それが痛いのなんのって。

瞬間的な暴力的痛みでなく、10段階で5くらいの痛みがずっっっっっっっっっっっっと続く。
膝の手術後にロキソニンを処方されて、その時は1錠しか使わなかったので、大量に持ってたのを投入。
なんとか34時間持つ。でも切れたらまた鈍痛が襲ってくる。
とりあえず壁とか殴りたくなる痛み。
イライラするので止めてたタバコとか吸ってみる。
不味いので余計イライラする。
たまらず、予約なしで歯医者にかけこむ。
密封してる歯の被せものを外してもらってガス抜き。
外したまま、強力なイリナトロンって鎮痛剤と抗生物質をもらう。
てかその歯医者に駆け込む前から徐々に鈍痛が弱くなってきてたのは秘密。
抗生物質は全て消費したけど、イリナトロンは強力だろう。そしてロキソニンなしでもなんとか耐えれる。
まあ素直に飲めばいいんだろうけど、ファイナルファンタジーでボス戦に備えてエリクサーを使わないでハイポーションで乗り切る感じで普通にイブで耐えてます。
てかイブもいらないくらい。

若人よ歯磨けよ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
twitter
検索フォーム
リンク
リンク2








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。