スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とめはねっ!はギャルゲーか?

とめはねっ!11巻買いました。
相変わらずおもしろいです。
安心のクオリティ。
河合克敏先生の作品は全作初版で買い揃えているんですが、そろそろ漫画買うのは電子書籍にしたいところ。
なんつうか・・・かさばるw
個人的にはebookjapanのトランクルームシステムが一番無難かなあと思ってます。iPadやPC等の手持ち端末で読書可能。HDDとか飛んでもまあ、なんとかなる。
ただし、ぶっちゃけ新作が遅い。最新刊は発売日に読めるようにしないと。
後途中までコミックで買い揃えた作品を途中から変更するのがキツイね。
で話それたか。

とめはねっ!11巻読んで思ったんだけど、いつの間にギャルゲー状態になってね?w

登場人物
大江 縁:主人公(帰国子女に見えない地味な草食系男子)

望月 結希:ヒロイン。高校柔道で日本一。天真爛漫な美少女。
日野 ひろみ:書道部部長、まじめでメガネっ娘でドジっ娘。
加茂 杏子:書道部先輩、ヤンキー系で喧嘩強い。
三輪 詩織:書道部先輩、茶髪ギャル系。
島 奏恵:書道部後輩、性格キツ目なメガネっ娘。
羽生 翔子:書道部後輩。柔道部掛け持ち。望月 結希を慕っている。
宮田 麻衣:ライバル高校の書道部員、バイト先の娘。
大槻 藍子:書道日本一。男性恐怖症気味。京都在中。

な。
ギャルゲーの人物紹介みたいっしょw
高校書道部という舞台上、女子メインになるのは仕方ないんだけどね。
多分、河合先生書き始める前は意図してなかっただろうけどね。
まあ、こんな設定っぽいところは別にして、徹底的取材が凄い。
書道の実力はしらんし分からないけど、技術的解析能力が高いんだろうね。
前作のモンキーターンでも競艇選手が普通に頷くほどの出来だったみたいだし。
何時読んでも面白いです。
ただちょい遅筆なんだよなあ。単行本1年に2冊くらいしか出ないのよ。
これしか連載してないはずなんだけど。
まあ、永野護とかよりも早いですがw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今そんなことに

今そんなことになってんだね。(笑)
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
twitter
検索フォーム
リンク
リンク2








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。